賢い引越しのポイント
ホーム > 賢い引越しのポイント

賢い引越しのポイント


賢い引越しのポイント

pixta_2390836_S

最近は生活スタイルも多様化しています。

友人同士のルームシェア・他人同士のルームシェア・家電備付けの1kマンションなど、生活スタイルに合わせた賃貸物件も数多く出回っています。

当社も数多く単身引越しを行ってきましたが、その経験で感じたことはいつでも移動できる身軽さを感じます。

 

そこで引越し業者の立場から見た賢く引越しするためのポイントをいくつかご紹介します。

1)荷造りについて

 ①荷造りのポイント

ポイント1 

なるべくミカン箱程度の大きさ、もしくはそれよりひと回り大きい段ボールを

調達する。

引越し画像 003

ポイント2

CDや書籍類・食器類・われもの類は、ミカン箱程度の段ボールに小分けにして

箱に入れる。食器類やわれもの類は箱の中で動いてしまうと破損の原因になる

ので隙間に新聞や広告などをまるめてパッキンにする。

ポイント3

ハンガーボックス・布団袋・ベットマットカバーを無料で貸し出している引越し

業者を選ぶ。

ハンガーボックス

ハンガーボックス

 

ポイント4

組み立て式の家具・棚類は前もって分解し、パーツごとにひもやテープでまと

めておく。

ポイント5

ごみ袋や紙袋に荷物を入れるのは極力避ける。

ポイント6

依頼しようとしている引越し業者に自分の荷物の量に見合った引越しプランがあるか?

2)各ポイントの補足説明

ポイント1

荷物を箱に入れることで運び出しや運び入れがスムーズに行えるので時間の

短縮になります。よくばって大きい段ボールを選ぶよりも小さめの段ボールの

ほうが持つにも楽ですし、何と言っても積み重ねられるのが最大のメリットです。

ポイント2

大きいダンボール(トイレットペーパーが入っていた箱等)に書籍や洋服などを

箱いっぱいに入れてしまうと1人では動かすことができません。

特に階段での運びだし・運び入れの場合はそれなりの時間を要します。

ダンボールの強度も弱いので詰め過ぎて底が抜けたり、重ねることができない

等のデメリットがあります。

小さめのダンボールに小分けにすると箱の数は増えますが、単身者の引越しで

あれば10箱から15箱ぐらいで収まると思います。またそのほうが作業のスピード

アップが図れます。

ポイント3

引越し業者を選ぶポイントとして無料の貸し出しサービスがあるか?です。

無料の貸し出し用品を利用すれば賢い引越しが可能です。

背広や冬物の厚手の上着などはハンガーボックスを利用すれば、しわにならないし

埃もつかないのでとても便利です。またそれらを入れるダンボールの調達もしなくて

よいので一石二鳥です。

しもじま運輸では当日無料レンタル用品を取り揃えております。

  • ハンガーボックス(2つ) 洋服をハンガーに掛けたまま持ち運びできます。
  • キルティングパット(大 中 小各1枚) おもに家電製品全体を養生するのに使用します。
  • ベットマットカバー(セミシングルまで) 運搬時に汚れが付くのを防ぎます。
  • 布団袋(一組)

その他・資材

  • 手押し台車
  • 平台車
  • 養生布団
  • 緩衝材プチプチ
  • 養生テープ
  • 締めバンド 

引越し用品 006

ポイント4

組み立てられている状態の家具・棚類はそのまま積み込んでしまうと、荷台スペース

を占有してしまうばかりか、運びだし・運び入れの際人手が必要になります。限られた

スペースを有効に使う為には分解したパーツを荷台の荷物の隙間に入れ込むなどして

荷台スペースを有効に使うことが可能になります。また、運び出しや運び入れもスムーズ

に作業を進められるので時間短縮になります。

限られたスペースなので荷物の積み残しが発生した場合はもう一台手配したり往復する

などの二度手間がかかります。お客様のちょっとした手間で料金・時間に大きな差が出て

しまいます。

ポイント5

書籍類・洋服類・布団類をゴミ袋や紙袋に詰めての引越しは極力避けてください。

袋は耐久性が弱く破れやすいため荷物の破損にもつながります。

ほかの荷物との兼ね合いもありますが、袋に入れた荷物は重ねられないためすべての荷物

を積み込むのに工夫をしなければならずそれなりの時間がかかります。時間短縮を図るので

あればダンボールに詰めることをおすすめします。

ポイント6

単身の引越しに2トンや3トンのトラックは必要ありません。(やたらと荷物の多い単身者は別ですが)

自分の荷物の量に合った車両で来てくれるか?(軽トラ)

荷物が少ないのに2トンの車で作業して料金は2トンの料金を請求されたら…

そこはしっかり引越し業者と話し合いをしておかないと後々のトラブルの原因になりかねませんね。

 

ここにあげたいくつかのポイントを実践することで確実に時間短縮になるという確約ではありません。

車両の停車位置や建物の構造などさまざまな要因が考えられますので、あくまでもひとつの参考

としてご覧ください。

 

▲ページトップに戻る

ご相談は今すぐ!24時間365日ご対応します。
オンライン無料見積りはこちら